閉じる
  1. 真珠湾攻撃を受けるアメリカ海軍
  2. ビルマ攻略
  3. アメリカ連合軍の反攻
  4. 太平洋戦争開戦前夜
  5. 珊瑚海海戦
  6. 第一次ソロモン海戦
  7. 太平洋戦争 宣戦布告
閉じる
閉じる
  1. 太平洋戦争開戦前夜
  2. 太平洋戦争 宣戦布告
  3. 真珠湾攻撃を受けるアメリカ海軍
  4. 日本軍の攻勢
  5. 珊瑚海海戦
  6. ビルマ攻略
  7. 山本五十六海軍大将戦死
  8. 第一次ソロモン海戦
  9. アメリカ連合軍の反攻
  10. レイテ沖海戦
閉じる

ユーキャン太平洋戦争DVD

山本五十六海軍大将戦死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本五十六海軍大将撃墜される

1943年1月、日本海軍はソロモン諸島のレンネル島沖で行われたレンネル島沖海戦でアメリカ海軍の重巡洋艦シカゴを撃沈する戦果を挙げたが、島の奪回は最早絶望的となっていた。
しかし、この頃日本海軍の暗号の多くはアメリカ海軍情報局により解読されており、アメリカ軍は日本海軍の無線の傍受と暗号の解読により、撃墜後間もなく山本長官の死を察知していたことが戦後明らかになった。

1943年4月18日には、日本海軍の連合艦隊司令長官の山本五十六海軍大将が、前線視察のため訪れていたブーゲンビル島上空でアメリカ海軍情報局による暗号解読を受けたロッキードP-38戦闘機の待ち伏せを受け、乗機の一式陸上攻撃機を撃墜され戦死した。
しかし大本営は、作戦指導上の機密保持や連合国による宣伝利用の防止などを考慮して、山本長官の死の事実を1か月以上たった5月21日まで伏せていた。

2月に日本陸軍はガダルカナル島から撤退(ケ号作戦)した。これ以降、ソロモン諸島での戦闘はまだ続いたものの、日本軍は物量に勝る連合軍によって次第に圧迫されていく。

半年にも及ぶ消耗戦により、日米両軍に大きな損害が生じたが、国力に限界がある日本にとっては取り返しのつかない損害であった。
なお、日本政府は「元帥の仇は増産で(討て)」との標語を作り、山本元帥の死を戦意高揚に利用する。

関連記事

  1. ルソン島の戦い

  2. 日本軍の攻撃を受け炎上するアメリカ海軍空母レキシントン

    珊瑚海海戦

  3. 太平洋戦争:硫黄島の攻防

    硫黄島の攻防

  4. サイパン島の激戦

    サイパン島の激戦

  5. 戦艦大和

    太平洋戦争末期 戦艦大和撃沈

  6. アメリカ軍のインパール作戦

    アメリカ連合軍の反攻

おすすめ記事

  1. 太平洋戦争開戦前夜
  2. 太平洋戦争 宣戦布告
  3. 真珠湾攻撃を受けるアメリカ海軍
  4. 珊瑚海海戦
  5. ビルマ攻略

太平洋戦争・第一集 DVD全5巻(豪華付録)

  • ユーキャン太平洋戦争DVDには、他では絶対に入手できない豪華な付録が付いています。
  • 付録 1:『太平洋戦争・第一集』 鑑賞の手引
  • 本編映像に収録されていないエピソードも満載。各巻の解説はもちろん、軍人についてのエピソードも収録。指揮官の性格や判断力についてまで、鋭く言及しています。
    ■B5判縦型 ■32頁 ■2色刷 ■発行:毎日新聞社
  • 付録 2:特別編集冊子「戦いの記録」
  • 歴史に残る指揮官をはじめ9人の戦いの軌跡を紹介。さらに「満州国」「ガダルカナル」のテーマで貴重な写真資料も特集掲載しています。
    ■B5判縦型 ■64頁 ■2色刷 ■発行:毎日新聞社
  • 付録3:収納ケース
  • 貴重な映像集をご愛蔵いただくための、収納ケースもお付けします。『太平洋戦争・第一集』(DVD全5巻)が、すっきりと収まります。
    ■ 高さ231×幅116×奥行き160mm
WOWOW
ページ上部へ戻る